スペシャルムービーやチケット先行予約など会員限定コンテンツを配信中!

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
世界的探偵小説「シャーロック・ホームズ」シリーズを原案とし、ディーン・フジオカ演じる獅子雄と岩田剛典演じる若宮が唯一無二の名探偵バディとして数々の難事件を解決するドラマを映画化した『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』が、6月17日(金)より公開。不気味な島に棲む華麗なる一族の令嬢で、何者かに誘拐されるも解放される、影のある美大生・蓮壁紅役を演じた新木優子に、本作の見どころと撮影の舞台裏を語ってもらった。

登場人物ひとりひとりの気持ちを感じ取りながら、観ていただけたら嬉しいです

写真

―― ホームズシリーズ最高傑作の呼び声の高い『バスカヴィル家の犬』をモチーフとし、『容疑者Xの献身』の西谷弘監督が大胆なアレンジを加えて日本を舞台に映画化した本作。まずは、「ミステリー好き」を公言している新木に、完成した映画を観た印象から訊ねてみた。

「原作というベースがあるなかで、まさに西谷監督ならではと言える重厚な表現が物語の随所に散りばめられていて、登場人物の表情や心情がとても繊細に描かれているなと感じました。通常のミステリー作品を観終わった後に感じる、『なるほどこういうことだったんだ!』という、謎が解けた満足感だけでは収まらない、とても奥深い人間ドラマが展開されていて……。2時間にここまでの人間ドラマが詰まっていることに、感動を覚えました」

写真

―― 『シャーロック』シリーズに『蓮壁家』一族と共に、劇場版からの参加となった新木。誉獅子雄役のディーン・フジオカや、若宮潤一役の岩田剛典と共演シーンした感想は?

「ドラマ版から培ってこられた世界観をお二人が変わらずに持ち続けて下さったので、一緒のシーンでは自然と私も『シャーロック』の一員になれているようで嬉しかったです。私は岩田さん演じる若宮との共演シーンが一番多かったのですが、岩田さんはすごく優しくて紳士的な方だったので、緊張することもなく撮影に入ることができました。本当に温かく迎えてくださって、感謝の一言です。ディーンさん演じる獅子雄はドラマ版では自分の感情をあまり表に出さない印象が強かったのですが、今回の劇場版では感情が大きく動くシーンが描かれるところも見どころになっているように感じました」

写真

―― 新木が演じるのは、華麗なる資産家・蓮壁家の長女で、美術大学に通う蓮壁紅(はすかべ・べに)。物語のキーとなる重要な役柄だ。

「蓮壁家の一族自体が、物語の冒頭の登場シーンからずっと異質な感じがするというか、複雑な家庭環境が垣間見える一族の長女という役柄です。まるで蓮壁家全員が寂しさを抱えているような、そんな雰囲気が台本からも伝わってくる感じもあったので、それをしっかりと表現できたらと考えながら演じていました」

―― 監督のイメージを敏感に察知しながら、現場でキャラクターを構築していったという。

「アンテナを張って、『監督の考えていることをキャッチするぞ!』という気持ちでやっていたので、監督とお互いに信じ合ってできた役であり、作品だったのではないかと思います。監督から唯一リクエストがあったのが、蓮壁家のリビングで弟の千里(村上虹郎)と言い合いをする場面。紅の激しい感情をもっと強く千里にぶつけて欲しいという指示を監督からいただいたんですが、犬も絡んでくる場面なのでそこは大変でした。蓮壁紅は、私自身これまで演じたことのないようなとても挑戦的な役どころでしたが、監督を信じて頑張ったので、“新木優子”の新たな一面を見ていただけるのではないかと思います」

写真

―― 「蓮壁家」に出入りするクセの地震の研究者・捨井遥人を演じる、小泉孝太郎との掛け合いも印象に残る。

「小泉さんもこれまであまり見たことがないくらい異質な雰囲気をまとわれていた役だったのが新鮮でした。もちろん小泉さんご自身はイメージ通りの爽やかで紳士な方だったので(笑)、役柄とのギャップが素敵だなと思いました」

―― 本作は「本当の幸せとは?」と観る者に鋭い刃を突き付けてくるような作品でもある。紅を演じた新木自身の考える「本当に幸せな人生の定義」とは……?

「きっと、誰かに愛されてるなって感じられた時が、人として一番幸せなのかなと思います。そうすることで、自分もまた他の誰かを愛せると思うから。逆に愛情が枯渇していると、どうしても人に対しても優しくできなかったり、素直になれなかったりすると思うんです。そういった意味では、自分が本当に愛してもらいたい人から愛してもらえるのが一番ですが、もしそれが叶わなかったとしても、誰かの愛情があれば、その人は救われると思うんです」

写真

―― 改めて、映画を楽しみにしている方たちにメッセージを!

「私自身が西谷監督のファンでもありますので、監督の作り出した上質なミステリーを純粋に楽しんでいただきたいという気持ちもありつつ、とはいえ、本当に一筋縄ではいかないミステリーでもあるといいますか。誰が犯人なのか、といった単なる事件解決だけでは、決して語れない映画になっています。事件を解決するのは正義かもしれないけど、解決することだけが全てじゃない。果たしてこの物語をどうやって解決するのがベストだったのか――。きっとそれも観る人によって変わってくる物語だなと思うので。『あなたが思うベスト解決方法って何ですか?』と、逆にこちらから問いたくなるような、捉え方によって物語から受ける印象がガラッと変わってくるような、そんな映画になっていると思います。西谷監督が作り上げた一つの結末に、みんなが一丸となって向かっていったことで、深い人間ストーリーが生まれているので、登場人物ひとりひとりの気持ちを感じ取りながら、観ていただけたら嬉しいです」


Writing:渡邊玲子

インフォメーション

写真
(C)2022「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」製作委員会

MOVIE

『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』

6月17日(金)公開


瀬戸内海の離島。日本有数の資産家が、莫大な遺産を遺して謎の変死を遂げる。資産家は死の直前、美しき娘の誘拐未遂事件の犯人捜索を若宮に依頼していた。真相を探るため、ある閉ざされた島に降り立つ獅子雄と若宮。二人を待ち受けていたのは、異様な佇まいの洋館と、犬の遠吠え。容疑者は、奇妙で華麗な一族の面々と、うそを重ねる怪しき関係者たち。やがて島に伝わる呪いが囁かれると、新たな事件が連鎖し、一人、また一人消えてゆく。底なし沼のような罠におちいる若宮。謎解きを後悔する獅子雄。これは開けてはいけない“パンドラの箱”だったのか? その屋敷に、足を踏み入れてはいけない―― 。

▼公式サイト
https://baskervilles-movie.jp/



「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2022/06/27(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top