スペシャルムービーやチケット先行予約など会員限定コンテンツを配信中!

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
映画『万引き家族』『約束のネバーランド』などで好演し、今後の活躍から目が離せない俳優の一人、城桧吏の最新作が公開される。『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴監督が、子どもたちに人気の童話シリーズ「おばけずかん」を実写映画化した『ゴーストブック おばけずかん』だ。本作で前に一歩踏み出せない少年、坂本一樹を演じた城に役作りや撮影中のエピソードなどを聞いた。

親友と一緒に冒険ができるなら試練も乗り越えられると思う

写真

―― オーディションで役をつかみとった城。このとき一緒だったのが、同じくメインキャラクターである一樹の親友、工藤太一役の柴崎楓雅、飯田サニー宗佑役のサニーマックレンドンの二人だ。

「オーディションのとき、楓雅とサニーが一緒でした。楓雅とは『約束のネバーランド』という作品で共演したことがあったので、「久しぶりだね」とか「また会えて嬉しいね」って話をしました。そこにサニーがいて、サニーとは初対面だったのですが、いろいろと話をしました。オーディションに合格したときは、もちろんとても嬉しくて、さらに楓雅も一緒に受かったと知ってほっとしました。サニーも合格したことを知って、オーディションの日に一緒に組んでお芝居をした3人がまた一緒にお芝居できることがすごく嬉しかったです。僕は山崎監督の作品がもともと大好きなんです。『friends もののけ島のナキ』という作品が特に大好きです。感動して、泣きながら見ていました。『ALWAYS 三丁目の夕日』や『DESTINY 鎌倉ものがたり』なども拝見していて面白いと思っていたので、そういうすごい作品を作っている監督の作品に自分が出られる喜びが大きかったです」

―― “どんな願い事も叶えてくれる一冊の本=おばけずかん”を手に入れた子どもたちを待ち受ける数々の試練、新たな出会い、そして別れ。手に汗握る冒険と子どもたちの成長を描く物語である本作の脚本を読んだ印象は?

「脚本を読んでいて、撮影が楽しみになりました。脚本では小説のようにものすごく詳しく書いてあるわけではなかったので、おばけをどうやって捕まえるんだろうと想像しながら読んでワクワクしました。実際、撮影に入ってみたら思っていた以上におばけを捕まえるシーンも多くて、すごく楽しかったです」

写真

―― 演じる一樹は、気弱だが、願いごとを叶えるためにあきらめずに奮闘するまっすぐな少年。城が一樹に感じた印象は?

「ビビリで頼りないところがあるキャラクターだと思いました。周囲から役に立たないというような言われ方をされていてかわいそうだな、とも(苦笑)。そんなビビリの部分は一樹からしたら良くないというか、変えたいと思っている部分で、コンプレックスなんですよね。みんなの役に立ちたい。でも、怖い。そういう気持ちで揺れ動いている役です。自分との共通点は、ビビリなところ。怖い話は好きなんだけど、怖くてたまらなくてドキドキしてしまう。そんなところはそっくりだと思いました」

―― 役作りで役立ったのは、役について自分で書き出し、みんなで話し合ったことだという。

「リハーサルのときにみんなで自分のキャラクターについて書きだして、それを発表しあいました。そして、次にほかの人から見たキャラクター像を話して、どんどん付け足していきました。一樹の場合は、僕から見ても、みんなから見ても、ビビリ。そこは共通していました(笑)」

―― 一樹の長めのパーマヘアーにメガネが印象的だ。

「衣装合せの時に、監督ともお話しをして髪型も決めていきました。途中から鏡を見ていなくて、完成した髪型を見た瞬間、びっくりして「すごっ」って声に出てしまいました(笑)」

写真

―― 子どもたちの結束力は強く、監督を交えてたくさんの思い出ができたと振り返る。

「自分が不安だったこともあって、その日の台本の読み合わせをしようってみんなを誘ったり、いろいろと声をかけていました。そんな中、山崎監督も、1つのシーンがオッケーになるとカメラのスタンバイの位置を変える間に、僕たちのところに来て下さって、新垣結衣さんも交えてみんなでたくさん話をしました。他には、宿泊していたホテルに大浴場があって、「コーヒー牛乳飲みたいな」って子どもたちで話をしていたら、監督が「行けたら行くよ」って言ってくれて。その後お風呂から上がったら、本当に山崎監督が待っていてくださって、僕たちにコーヒー牛乳を買ってくれました。めちゃくちゃおいしかったし、いい思い出です」

―― 子どもたちと一緒に冒険する臨時教員・瑤子先生を新垣結衣、物語の鍵を握る謎の古本屋店主を神木隆之介が演じる。

「新垣さんは、明るくて優しい上に、みんなのことをまとめてくださって、本当に優しい先生のようでした。僕はよく現場でオヤジギャグを言ってたんですけど、みんなが話している途中で思いついたことをぽんっと言ってしまうので、みんながえっ?って一回静まるんです。でも、新垣さんだけ笑ってくださっていました。神木さんもとても優しかったです。共演シーンは少なかったのですが、神木さんからも話しかけてくださって、学校のこととか、撮影の合間に話しができて幸せでした」

写真

―― 映画に登場するのは、日本で古くから愛される「一反木綿」や、原作にも登場する「旅する雲梯(うんてい)」、さらに映画のオリジナルの「図鑑坊」など、個性が際立つおばけばかり。こわいだけではなく、かわいくておもしろい表情もかね備えたおばけたちをVFXを駆使して描き出す。撮影は苦労もありながら、楽しくできたようだ。

「図鑑坊は小さくて動き回るので、捕まえようと触れるシーンでは、みんなで目線を合わしたり、踏まれたり、蹴られているお芝居が難しかったです。1番大変だったのは、身代わりおばけですね。みんながクランクアップしたあとの撮影で、スタジオで監督と僕でどんなポーズにする?とか、なんて言う?って話し合いながらやりました。1体分撮った後、映像を見せてもらって面白いなと思ったので、もっとやってみようっていろんな動きを加えました。8体分もあって大変でしたが、完成作を見たら面白かったし、頑張って良かったです。あと、雲梯のシーンも一反木綿のシーンも、楽しかったです。実際の校庭で撮った後、グリーンバックで撮影したんですけど、高いところで吊るされるシーンは、楓雅と二人で「楽しいー!」って叫んで、サニーはそんな僕たちを下から羨ましそうに見ていました(笑)。高いところが大好きなので楽しめました」

―― 一番のお気に入りは、山彦と即答。

「くるくると回りながら飛んでいるのが面白いですし、かっこいいと思いました」

写真

―― VFXが多い作品を経験して、学ぶことが多かったという。

「僕にとって初めての経験ばかりでしたが、これから先VFXのシーンが多い映画でも、この作品の経験を生かせると思いました。ワンシーン、ワンシーン撮影が終わった後、山崎監督がその場でさっと編集してくださって、完成版ではないですけど、イメージがわかる映像を見せてくださったので、お芝居しやすかったです」

―― もし一樹たちのように冒険するとしたらどんな冒険をしたい?

「命がけの冒険だったら、1日考えさせてくださいって言ってしまうかもしれないです(笑)。でも、この作品のように親友たちと一緒に冒険ができるなら、試練も乗り越えられると思います。もし、願いを叶えるなら? 英語を話せるようになりたいです。英語が話せたらかっこいいですし、役の幅も広がるので」

―― 最後にメッセージを!

「この作品は個性豊かなおばけがたくさん出てきますし、景色も圧倒されるほどの迫力で、VFXの世界観が素晴らしいです。4人の子どもたちが成長していく姿や友情など感動するところもたくさんあるので、ぜひ劇場で見てください」


Writing:杉嶋未来/Styling:吉田ナオキ/Hair&Make-up:中島愛貴

インフォメーション

写真
(C)2022「GHOSTBOOK おばけずかん」製作委員会

MOVIE

『ゴーストブック おばけずかん』

7月22日(金)公開


『STAND BY ME ドラえもん』シリーズなどの山崎貴が監督や脚本などを手掛け、童話シリーズ「おばけずかん」を実写化。ある学校では、夜中に子供たちの枕元に現れる、白い布をかぶったおばけのうわさで持ちきりだった。どうしても叶えたい願いがある一樹(城桧吏)たちは、どんな願いもかなえてくれるという「おばけずかん」を探す。一樹と臨時教員の瑤子先生(新垣結衣)たちは、あやしい店主(神木隆之介)が営む古書店で図鑑を手に入れるが、店から外に出るとそこは別世界になっていた。『都会のトム&ソーヤ』などの城桧吏が主人公を演じるほか、柴崎楓雅、サニーマックレンドン、吉村文香、神木隆之介、新垣結衣らが出演する。

▼公式サイト
https://ghostbook-movie.toho.co.jp/



「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2022/08/01(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top