スペシャルムービーやチケット先行予約など会員限定コンテンツを配信中!

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
ナナトエリと亀山聡夫婦によるコミック「僕の妻は発達障害」が原作のドラマ「僕の大好きな妻!」が6月4日よりスタート。本作で、主人公・知花の夫・悟が働く漫画工房でアシスタントとして働く河口たかひろを演じる古川毅。発達障害を持つ妻とその夫。とある夫婦の幸せのかたちを描いた物語の撮影現場の様子や演じるキャラクターの印象、夫婦の物語にちなみ理想のパートナー像を聞いた。

優しさにあふれ、日々の癒しになってくれるようなドラマです

写真

―― 妻が発達障害であることが分かり、その特性と向き合おうと前向きに歩み始める北山夫婦の物語を描く本作。台本を読んだときには「尊い二人」という印象を持ったそう。

「社会の中で生きていく上で、避けてはいけないテーマだし、素敵な題材だと思いました。みんなで一緒に愛情を持っていくべきだと常々思っていたので、このようなテーマの作品に関われるのは光栄です。北山夫婦は、いいバランスが取れているという印象です。困難に直面したとき、相性ってすごく大事だと思っています。この二人からは相性の良さを感じたし、ドラマを観る方にそっと優しさを届けられるような作品だと思っています」

―― 妻に発達障害があることに気づいた夫婦の物語。出演者としてだけでなく、いち視聴者としても二人の物語を楽しみにしているという。

「北山夫婦はたまたま妻の障害に気づいたけれど、気づかないケースもいっぱいあるんですよね。ドラマでは、気づいた上でどう共存していくのか、もしかしたら、同じような境遇にある人たちの背中を押せる作品になるんじゃないかなと感じています。こういうケースもあるよね、と人との向き合い方にヒントをくれるような気がしています。だけど、テーマとして発達障害を扱うからには、繊細に扱うべきだし、そこは大事にしたいところだと思っています」

写真

―― 古川演じる河口は鈍感力や空気を読まない部分を指摘されるも、どこか憎めない愛されキャラとして、ドラマに楽しい笑いをもたらしている。

「台本を読んでいるとき、かなりマイペースで“なんてやつだ!”と感じましたが、空気も読まずに人の懐にズンズン入っていく様子は、昔の自分に似ていると思いました。学生時代、こんな感じだったなって。一人っ子で甘やかされて育ったこともあり、少し前まで同じような行動をしていたかもと感じる部分が多くて。僕なりに経験を積んで、マイペースもコントロールできるようになりました。なので、河口には“お前もこれからだぞ”という気持ちになります(笑)」

―― じいちゃんの形見だという犬の抱き枕・太郎を手放せずにいる河口のように、古川がずっと大切に持ち続けているモノはあるのだろうか。

「僕はあまりモノに執着しないほうなので、今は持っていないです。ただ、これから自分にとって大切になりそうだと思うモノはあります。2年前、20歳になったときに革ジャンを買いました。それまでこだわって革ジャンを買ったことがなかったので、せっかく買うならいいものを買って育てたいという気持ちになって。これから大事に育てていくつもりですが、モノなので自分と生活を共にしていく上で、劣化しても構いません。一緒に歳を重ね、劣化も楽しんでいけたらいいなと思っています」

写真

―― 仕事現場となる漫画工房での撮影が多いという。撮影の合間で共演者との会話も弾んでいるようだ。

「佐竹役の徳重聡さんにおいしいラーメン屋さんを教えていただいたりしています。地元・札幌でのお気に入りのお店や、好きなラーメンの味をお伝えしたら、東京で同じ味が楽しめる場所を紹介してくださって。駅ごとに教えてくれるなど、情報量にびっくりしています。みんなで一緒に趣味の話もするし、本当に職場みたいな感じです。役の上でもキャストの中でも僕が一番年下で、可愛がっていただいていますし、とても居心地の良い現場です」

―― 知花役の百田夏菜子とは、ももいろクローバーZ主催の「ももいろ歌合戦」で共演経験もあり、“姉さん”と呼ぶ仲だという。今回は音楽ではなくドラマでの共演となるが、百田の印象に変化はあったのだろうか。

「大先輩と後輩という関係値は変わらないけれど、ドラマのほうが一緒の時間が長いので、密度は濃いと感じています。役柄的にもいい意味で空気を読まずに、すっと知花さんの懐に入っていくというか、近づいているような気がして。河口の行動で、知花さんとの関係にいい作用が生まれると思っています」

写真

―― 夫婦の物語にちなみ、現在の古川が思う理想のパートナー像を聞いた。

「理解がある人が理想です。自分の仕事や好きなもの、そこにお金をかけることに対してちゃんと理解してくれるとうれしいです。好きなようにお金を使わせてほしいのではなく、使いすぎと思ったら“やめなさい”って言ってくれる人がいいんです。楽しいことはシェアしたいし、自分がいいと思ったものを理解してもらうことは重要だと思っています。河口と彼女の会話で“察してよ”みたいなやりとりがありますが、僕の場合は、ちゃんと話してお互いが理解して、ダメなことはダメと言える関係が理想です」

―― ドラマは漫画原作で、河口の仕事場は漫画工房。漫画に縁がある作品に出演する古川には、お気に入りの漫画はあるのだろうか。

「撮影中に思い出したのですが、小学6年生くらいのときに漫画家になりたいと思っている時期がありました。ジャンプ漫画が大好きで、お気に入りはNARUTO。バトル漫画を描いて、図工の先生に褒められたこともありました。アニソン歌手にもなりたかったし、NARUTOが好きになった頃は忍者にもなりたかったです(笑)。漫画は小さい頃から近くにあったので、今回、ソフトを使って作業する方法も教えてもらったりして、夢が叶ったような気持ちです」

写真

―― ドラマのタイトルにちなみ、「僕の大好きな○○」を教えてもらった。

「ずっと大好きなのはやっぱりスパドラ(SUPER★DRAGON)です。あちこちで言いすぎて“また言ってる”ってツッコまれそうだけど、本当に大好きです!」

―― ドラマを楽しみに待つファンにメッセージを!

「優しさにあふれ、日々の癒しになってくれるようなドラマです。と同時に、大事なことも考えさせられます。人によっては再確認かもしれないし、知らなかったことを知るチャンスにもなる。ドラマから受け取るものは人それぞれだけど、みなさんにとって何か大事なことを知る、思い出す、考えるきっかけになったら素敵だなと思っています」


Writing:タナカシノブ

インフォメーション

写真
(C)東海テレビ

TV

『僕の大好きな妻!』

6月4日(土)スタート!
毎週土曜日23:40~23:35
東海テレビ・フジテレビ系


アパレルショップで働く北山知花(百田夏菜子)は、夫である漫画家アシスタントの悟と、ささやかで幸せな新婚生活を送っている。しかし次第に、日常に違和感を覚えるようになる。ある日仕事をクビになってしまった知花は、自分に上手くこなせないことがあることに悩む。そして「発達障害」の検査を受けることに。その結果を聞いた知花と悟は、知花の特性と向き合おうと前向きに歩き始めるが…。

▼公式サイト
https://www.tokai-tv.com/io/bokutsuma/



「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2022/06/13(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top