スペシャルムービーやチケット先行予約など会員限定コンテンツを配信中!

ニュースNEWS

MOVIE

葵わかな 映画「くちびるに歌を」特別授業イベント!

葵わかな出演映画「くちびるに歌を」の特別授業イベントが、2/19(木)国分寺市立第三中学校にて行われ、葵が出席した。

NHK全国学校音楽コンクールの課題曲となった『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』の作者であるアンジェラ・アキさんのテレビドキュメンタリーをもとに、中田永一さんが書きおろしたベストセラー小説を映画化。青春映画の名手・三木孝浩監督がメガホンを取り、ピアノを弾けなくなり臨時教師になったピアニストが、合唱コンクールを目指す長崎県・五島列島の中学生たちと出会い、深い悩みを抱えながらも前へと進んでいく姿を描き、あらゆる世代に勇気を与える感動作が誕生した。

同作で葵は、合唱部のメンバー・関谷チナツを演じる。

当日は、映画制作時に合唱の指導や練習に協力して頂いたお礼もかねて、劇中で合唱部員役を演じたキャスト12名と三木孝浩監督が、合唱の名門校・国分寺市立第三中学校を訪問。2014年「NHK 全国学校音楽コンクール」東京大会で銀賞に輝いた同校の合唱部員20名と合唱部キャストが夢の混声チームを組み、『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』を合唱した。
その聴き役として登壇した三木孝浩監督から合唱部員らにメッセージが送られた後、いよいよ合唱が始まる…と思っていたその時、主演の新垣結衣さん、劇中で教師役を演じている木村文乃さん、桐谷健太さんがサプライズで登場!突然の出来事に合唱部のメンバーたちは驚いた様子を見せつつ、その後、4人が見守る中、『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』を歌唱。この日限りのメンバーで見事なハーモニーを披露した。

また同作で、誰にも言えない悩みを抱える中学生たちの姿も描かれることにちなみ、国分寺市立第三中学校合唱部の生徒から事前に募集をしていた『いま悩んでいること』に、登壇者がアドバイスを送るコーナーへ。
葵は、『人見知りなので、4月から高校生になって新しい環境で友達ができるか不安です』という悩みに対し、「私も去年同じ悩みを抱えていました。友達を作るために、自分の好きなキャラクターのキーホルダーをつけて、それが好きな人に話しかけてもらうのを待ってみたり、1日中笑顔でいて話しかけてほしいアピールをしてみたり、いろいろ試したのですが上手くいかなくて…。でも、実際に高校生になったら友達ができたので、自然と仲良くなれる日がくると思います。」と自身の体験を交えて答えた。

映画「くちびるに歌を」は、2015/2/28(土)より全国ロードショー。
ぜひ劇場でご覧ください!

♪公式サイト
http://kuchibiru.jp/

♪合唱部ブログ
http://ameblo.jp/kuchibiru-blog/
※【全国18都市合唱キャンペーン】の様子を合唱部員自ら紹介中!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top