スペシャルムービーやチケット先行予約など会員限定コンテンツを配信中!

ニュースNEWS

MOVIE

葵わかな 映画「くちびるに歌を」完成披露試写会!

葵わかな出演映画「くちびるに歌を」の完成披露試写会が、1/14(水)イイノホールにて行われ、葵が出席した。

同作は、2008年にNHK全国学校音楽コンクールの課題曲となった『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』の作者であるアンジェラ・アキさんのテレビドキュメンタリーをもとに中田永一さんが書きおろし、読書メーターおすすめランキング第1位にも輝いたベストセラーの映画化作品。
青春映画の名手・三木孝浩がメガホンを執り、撮影はオール長崎ロケを敢行、雄大な自然を背景にした温かく力強い感動作が誕生した。

物語の舞台は長崎県・五島列島の中学校。ある日、天才ピアニストだったと噂される臨時教員の柏木先生が、東京からやってくる。合唱部の顧問となった彼女は、コンクール出場を目指す部員に、“15年後の自分”へ手紙を書く課題を出す。そこには、15歳の彼らが抱える、誰にも言えない悩みと秘密が綴られていた…。

葵は合唱部のメンバー・関谷チナツを演じる。

撮影中、柏木先生(新垣結衣さん)に伝えられなかった想いを一行手紙で伝えるというコーナーにて、葵は『つっこんでくれてありがとうございました』とフリップに書いて発表。その意味について問われると、「私が演じる役がムードメーカー的な存在だと自分で思っていたので、撮影中は私もできるだけ明るく努めようとちょっと馬鹿なことをやっていて、ホールで行われた最後の撮影の時は、合唱部の共演者の人たちに引かれてた部分もあったと思うんですが(笑)、柏木先生だけはツッコミを入れてくれたんです。色んなネタに気付いてくれたので嬉しかったです。ありがとうございました。」と感謝の気持ちを伝えた。

最後に、これから映画をご覧になる方へ向けて、「この映画で私は指揮者をやらせていただいているのですが、指揮をやっていながらも皆の合唱のパワーに圧倒されて、頑張らなきゃ、という気持ちをもらいました。物語は、合唱部員のメンバーや柏木先生の悩みや想いが交差しながら、皆が合唱を通して成長していくというお話で、これから15歳になる方、今15歳の方、かつて15歳だった方にも、そのときの気持ちを思い出したり、想像して楽しんでいただけると思います。私は、この映画を観終わった後に悩みを解決するための一歩を踏み出す勇気をいただきました。そういったことを、観てくださる方にも感じていただけたらいいなと思います。ぜひ観てください。」とメッセージを送った。

この日の舞台挨拶ではそのほかにも、合唱部員役のキャストたちが『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』を歌唱し見事なハーモニーを披露。さらに、合唱部員12名が全国をまわり、テレビやラジオ・イベントに出演し同作の魅力を多くの方に伝えていく【全国18都市合唱キャンペーン】の実施も発表された。

映画「くちびるに歌を」は、2/28(土)より全国ロードショー。
ぜひ劇場でご覧ください!


♪公式サイト
http://kuchibiru.jp/

♪合唱部ブログ
http://ameblo.jp/kuchibiru-blog/
※【全国18都市合唱キャンペーン】の様子を合唱部員自ら紹介していきます。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top