スペシャルムービーやチケット先行予約など会員限定コンテンツを配信中!

ニュースNEWS

MOVIE

汐谷友希 映画「メタモルフォーゼの縁側」公開記念舞台挨拶!

汐谷友希出演映画「メタモルフォーゼの縁側」の公開記念舞台挨拶が6/19(日)TOHOシネマズ六本木にて行われ、キャストと共に汐谷が登壇した。

同作は、数々の漫画賞を受賞した鶴谷香央理の漫画「メタモルフォーゼの縁側」の実写化。
引っ込み思案な17歳の女子高校生・佐山うらら(芦田愛菜さん)と、夫に先立たれ孤独に暮らす75歳の老婦人・市野井雪(宮本信子さん)がBL漫画をきっかけに出会い交流を深めていく、年の差58歳の友情を描いた物語。

汐谷は、うららの同級生でクラスのマドンナ・橋本英莉を演じている。

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した汐谷は「今日が初めての舞台挨拶でとても緊張しています。よろしくお願いします。」と挨拶。

汐谷は本作が映画初出演ということで、高橋恭平さんとの本屋での撮影を振り返り、「こんなに緊張しながら本屋さんに入ったのは初めてで (笑) 本屋さんに入るとそこがもう映画の現場になっていて、これから映画が始まるんだなあという実感が湧いて、さらに身が引き締まる思いでした。」とコメント。
さらに、狩山監督からは「2人が楽しげな話をしながら本屋から出ていくシーンは、アドリブでお願いしました。2人がそれぞれのキャラクターを作り上げてくれました。」とのエピソードも明かされた。

また、ここに注目してほしいというシーンについて、「うららとの階段のシーンで、そこで初めてうららと目が合ったというくらい、お互いに距離を置いていたんですけど。それぞれやりたいことに向かって前進している姿がとても印象深いので、そこに注目していただけたら嬉しいです。」と話した。

イベントでは、6月23日に18歳の誕生日を迎える芦田さんへのバースデーケーキのサプライズが。汐谷は芦田さんへ「誕生日おめでとうございます!ずっと小さい頃からテレビで見ていた芦田さんと同じところに立てているということが夢みたいです。同い年ですが大先輩なので、これからも芦田さんの背中を追っていきたいです!」とメッセージを送った。

そして最後に、「好きなものを通じて、お話ししたり、楽しい時間を共有したり、お友達になれたり、この作品も性別・年齢問わず楽しんでいただける作品だと思います。是非一人でも多くの方の心に届くと嬉しいです。」とPRした。

映画「メタモルフォーゼの縁側」は全国公開中!
ぜひ劇場でご覧ください。

▽映画公式サイト
https://metamor-movie.jp/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top