スペシャルムービーやチケット先行予約など会員限定コンテンツを配信中!

ニュースNEWS

STAGE

七木奏音 ミュージカル「シデレウス」合同取材会!

七木奏音出演ミュージカル「シデレウス」の合同取材会が6/17(金)自由劇場にて行われ、キャストと共に七木が出席した。

同作は、17世紀当時、タブー視されていた「地動説」に関する研究を始めた2人の学者”ガリレオ”と”ケプラー”の物語。歴史上の実在の人物と実際の出来事に作家の想像力を加え、再構成した作品となっている。

修道女マリアは、父親のガリレオから自分の部屋に隠してある手紙を燃やしてほしいという、一通の手紙を受け取る。
その手紙の差出人は全てケプラーという聞き慣れない名前であった。
太陽が地球の周りを周回すると信じられていた1598年、数学者でイタリアの大学教授でもあるガリレオは、ドイツの数学者ケプラーから「宇宙の神秘」という一冊の本とともに宇宙への研究を提案される。
ガリレオは一度は断ったものの、粘り強いケプラーの説得により、彼の仮説が間違っていることを証明するための研究を行う。
そうした中、言及することさえもタブー視されていた「地動説」の論拠を示せば、とんでもないこの仮説が正しいかも知れないという結論を下すことになる。

七木は、ガリレオの娘で修道⼥・マリア(クワトロキャスト)を演じる。
ある日、父から一通の手紙を受け取り、生涯研究に専念してきた学者の父が、何故”異端者”とされてしまったのか疑問を持ち始める、という役どころ。

取材会にて七木は、「昨日初めて劇場に入ってお芝居を通しました。稽古の時よりも熱量は変わっていっているので、お客さんが入って、皆さんと対面して届けようとした時に、より変化があるのではないかと昨日感じました。それがすごく楽しみですし、みんなで一緒に練習したことを思い出しながら大切に演じたいと思っています。」と意気込みを語った。

ミュージカル「シデレウス」は、6/30(⽊)まで東京・自由劇場にて上演。
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top