スペシャルムービーやチケット先行予約など会員限定コンテンツを配信中!

ニュースNEWS

STAGE

伊藤玻羅馬 舞台「晴れときどき、わかば荘 あらあら」開幕!

伊藤玻羅馬出演舞台「晴れときどき、わかば荘 あらあら」が、6/10(金)草月ホールにて開幕。上演に先駆けてマスコミ向けの公開ゲネプロが行われた。

同作は、『晴れときどき、わかば荘 あらあら』(羽生山へび子/著)原作の舞台化作品。
2017年に脚本・友池一彦さん、演出・鄭光誠さんにより初舞台化、このたび同スタッフで新脚本、新演出で上演。同作では、女装したママが管理する「わかば荘」を舞台に、お馬鹿で、淡くて、真っ直ぐな、男たちの物語が描かれる。

横山を演じる伊藤は、自身の演じる役柄について「人のことを何も考えずに物事を発する、ある意味嘘のない人間です。自分から見たこの役は全く共感を感じないので、少しでもこの役に寄り添える部分を探しました。結果、僕は横山のような人間は嫌いです。笑」とコメント。

最後に、「全てのキャラクターが、全くと言っていいほど人間性が違うのですが、その人間達がわかば荘を通じて寄り添っていくところを観て頂けたらと思います。劇場でぜひ!!」とメッセージを送った。

舞台「晴れときどき、わかば荘 あらあら」は、6/20(月)まで草月ホールにて上演。
ぜひ劇場でお楽しみください。


【イントロダクション】
女装したママが管理する「わかば荘」には人生に不器用な男たちが暮らしていた。

✻101号室✻
同級生の男の子に恋をしてしまった、男子高校生の千葉晃太。
親友の小田島翔はそんな晃太を応援するが・・・!?

✻103号室✻
福岡から上京し社畜のように働くアラサーリーマン 長崎恵一。
彼の前に地元の親友 清川誠司が現れる。
あの頃語り合った夢、秘めた想いが今蘇るー。

✻102号室✻
過去の栄光に囚われたままの飲んだくれ元トップジョッキー 幕之内大輔。
彼の後輩の一条誠は現トップジョッキーだが悩みがあった。
先輩と後輩、陰と陽、光と闇、そんな2人が行き着く先とは。

これはお馬鹿で、淡くて、真っ直ぐな、男たちの物語。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top