スペシャルムービーやチケット先行予約など会員限定コンテンツを配信中!

ニュースNEWS

OTHER

市原隼人 「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」第3期発表会に出席!

市原隼人が、1/13(木)に行われた「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」第3期発表会に出席した。

プロモーション、WEB、マーケティング事業を行う、株式会社中小企業のチカラは、中小企業と共に日本経済活性化を目指す「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」の第3期を1/13(木)より参画企業284社と始動する。同プロジェクトに参画する企業は、アンバサダータレントの肖像を自社WEBサイト、広告や販促物、営業用資料など幅広い範囲での広告宣伝に利用することができ、企業の発信力・PR力の強化だけではなく、社員のモチベーション向上の機会の創出など全方位的なサポートを受けることができる。

第3期のアンバサダーとして、郷ひろみさん、永作博美さん、滝川クリステルさんと共に市原が就任し、この日行われた発表会にて、「いつも私たちを支えてくださっている中小企業の皆様に心から感謝しています。本当にありがとうございます。日本を支えている中小企業の皆様は、日本に支えられるべきだと思っています。その中の一部としてしっかり尽力出来るよう努めて参ります。今、大衆の時代から、個の時代へ変わってきていると思います。個人の情熱や志でグループや会社や国を大きく前進させることが出来ると思っています。ネットやSNSも大きく発展していて、より多くの情報を迅速に吸収出来て、個人が多方面から教養を培っていける中で、今こそ中小企業の皆様が集大成をアウトプットする場所、存在意義を見出す場所が求められています。コロナやさまざまな壁にぶち当たり、葛藤することもものすごく多いと思います。そんな中、時代に創られるのではなく、自ら時代を創っていく時代だと思っています。中小企業の皆様に期待して精一杯応援しています。」とコメント。

実際に、中小企業の経営者の方とオンライントークセッションを行い、社内で考えるだけでなく、他社の良い部分も参考にしているという意見に、「プロジェクトによってつながりが増えて、より弱いところを共有し合って強くしていけたり、刺激を分かち合って高みを目指していけるような環境になると素晴らしいと思います。僕自身、現場に入って共演者や監督と話し倒すことによって、今まで自分が向き合っていたものの新たな良さや魅力を学ぶことが多いので、そういったきっかけになるといいなと思います。お子さんに着目した話もありましたが、僕は本当に子どもが大好きで、これからの国やすべてのものを作っていくのは子どもたちだと思うので、子どもたちに何を教えるべきなのか、本当に無垢な子どもたちが選択肢を広げられるような世の中になってほしいです。」と語った。

最後に、「今日は貴重なお話をたくさん聞かせていただき、ありがとうございます。中小企業の皆様が存在意義をしっかりと示せる場所をこれからもずっと応援し続けます。何かを作るためには何かを手離さなければいけない瞬間がありますが、大事なものを傍に置いておきながら、何をつかむべきなのか考えることが大切だと思います。いつまでも中小企業の皆様を応援していますので、これからもよろしくお願いします。」とメッセージを送り、発表会を締めくくった。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top