スペシャルムービーやチケット先行予約など会員限定コンテンツを配信中!

ニュースNEWS

MOVIE

北川景子 映画「大河への道」初日舞台挨拶!

北川景子出演映画「大河への道」が5/20(金)公開初日を迎え、丸の内ピカデリーにて行われた舞台挨拶に北川が登壇した。

原作は、“落語を超えた究極の話芸”と評され、再演のたびにチケットが即完する立川志の輔さんの創作落語「伊能忠敬物語―大河への道―」。前途多難な大河ドラマ実現を描く現代の喜劇と、200年前の日本地図完成に隠された感動秘話を描く時代ミステリーの二つのドラマが描かれ、その二つの時代の登場人物を、中井貴一さん、松山ケンイチさん、北川らが一人二役で演じる。

時は現代。千葉県香取市では地元を盛り上げるために、郷土の偉人「伊能忠敬」を主役にした大河ドラマの開発が進むが、驚くべき新事実が発見される。それは1821年に史上初の日本地図を作ったのは、あの伊能忠敬ではなかった、ということ。では一体、初の日本地図は誰が、どのように作ったのか。舞台は一転、200年前の江戸時代へと遡る。そこには、歴史に埋もれてしまった、涙なしには語れない秘密の物語が隠されていた-。

上映前に行われた舞台挨拶にて北川は、「この作品はコロナ禍に皆で力を合わせて制作しました。皆で協力して1つの映画を作りあげるということと、この作品の内容が私の中でリンクしまして、人が心を通わせて力を合わせれば1つの大きなことを成し遂げることができるのだと、私自身この作品から勇気をもらいました。皆さんに観ていただけることがとても嬉しいです。本日はありがとうございます。」とコメント。

以前、この映画にはピラミッドと同じくらいの驚きの物語が隠されている、とコメントしたことについて、「本物のピラミッドを見たことはないのですが(笑)、ピラミッドやパンテオンのような石を積み上げて作るものを今の人間は作れるのかな?と、よく思っていました。しかし、今回脚本を読ませていただいて、何気なく見ていた地図が、一人の人間がこういうものを作りたいと言ったことによって、しかも何人もの人がその人に付いていき、諦めずにやらないとできないことだと思うので、日本地図はピラミッドと同じくらいすごいことだったのではないかと思ってコメントしたのかもしれないです。空から撮影することも出来ないですし、人間の手で測るのは気が遠くなる作業だと思うので、すごいなと思います。」と振り返った。

映画「大河への道」は絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top