スペシャルムービーやチケット先行予約など会員限定コンテンツを配信中!

ニュースNEWS

MOVIE

山田孝之 映画「MIRRORLIAR FILMS Season3」完成披露上映会!

山田孝之、阿部進之介、伊藤主税さんが発起人となりスタートしたサービス「MIRRORLIAR」の新プロジェクト「MIRRORLIAR FILMS(ミラーライアーフィルムズ)」の第3弾「MIRRORLIAR FILMS Season3」が、5/6(金)より全国順次公開。公開に先駆け、4/26(火)新宿バルト9で完成披露上映会が行われ、山田が登壇した。

「だれでも映画を撮れる時代」に、自由で新しい映画製作の実現を目指して、年齢や性別、職業、若手とベテラン、メジャー とインディーズの垣根を越え、切磋琢磨しながら映画を作り上げる短編映画制作プロジェクト「MIRRORLIAR FILMS」。“変化”をテーマに、俳優、映画監督、漫画家、ミュージシャンなど総勢36名が監督した短編映画をオムニバス形式で4シーズンに分けて公開。

Season3にて山田は「沙良ちゃんの休日」の監督を務める。

上映後の舞台挨拶に登壇した山田は、各監督の作品を観た感想を問われると、「僕のも含めて素晴らしかったと思います。だって見てください。このお客さんの満足そうな顔。」とコメント。客席から贈られる拍手に笑顔を見せた。

本プロジェクトで俳優が監督業を務めることについて話題が挙がると、「俳優が監督をしても良いし、監督が俳優をしても良いし、職業で細分化する必要も無いですし、誰でも撮れると思って(このプロジェクトを)やっているので。特に今回のSeason3は観た方は、映画って自由に撮っていいんだなと1番感じてもらえたんじゃないかなと思っています。」と語った。

「沙良ちゃんの休日」のこだわったところを聞かれると、「随所にこだわっておりますが、比較的に分かりやすく作ったと思っています。斎藤工君もNetflixで同じようなシチュエーションをやっていますし。あれは救われました。(「沙良ちゃんの休日」は)最初に脚本をあげた時に周りの全員がぽかーんとしていて、何をやりたいのかと聞かれていたので。」と話し、笑いを誘った。

また、Season2で監督を務めた紀里谷和明さんが「沙良ちゃんの休日」ではキャストとして出演していることについては、「前回(の紀里谷監督作品に)キャスティングされたからキャスティングしたというわけではなくて、単純に数年前に書いた『女性と男性が歩いている』というメモを短編にできるんじゃないかと思って、(男は)どういう人物にしようと考えた時にミステリアスで色気のあるおじさんが良いなと思ったんですよ。その時に紀里谷さんがぱっと思い浮かんで、その後も2~3名出てきましたが最初に思い浮かんだ紀里谷さんがベストキャストだなと思ったので声を掛けたら受けてくださいました。」と明かした。

そして最後に、「皆さん今日は観ていただいて、キャストの方やスタッフの方など初めて出会った方もいらっしゃると思います。そういう出会いの場にしたくてこのプロジェクトをやっているところもありまして、そういう表現者の過去の生き方やこれからの生き方に少しでも注目してくれたら、その人たちがまたモノを作る、表現できるので、これからも色々と注目してくれたらと思います。あとはプロジェクト全体で言うと、なぜ僕らがこれをやっているのか、なぜ僕たちはここにいるのか、監督したとかお芝居したということなんですけど、その一歩先を感じてもらえたらなと思っています。」とメッセージを送った。

映画「MIRRORLIAR FILMS Season3」は、5/6(金)より全国順次公開。
ぜひ劇場でご覧ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top