スペシャルムービーやチケット先行予約など会員限定コンテンツを配信中!

ニュースNEWS

MOVIE

窪田正孝 「劇場版 ラジエーションハウス」放射線技師の卵限定試写会!

窪田正孝主演、「劇場版 ラジエーションハウス」の放射線技師の卵限定試写会が4/19(火)都内にて行われ、本作で医療監修を務めた五月女康作さん、本田翼と共に窪田が登壇した。

「グランドジャンプ」(集英社)にて絶賛連載中の『ラジエーションハウス』。2019年4月期、さらに2021年10月期にフジテレビ系列にて月曜21時枠で放送され、放射線技師という裏方の活躍に焦点をあてた新たな医療エンタテインメントとして人気を博した。
この度“劇場版”として4/29(金・祝)に全国公開することが決定。“チームラジハ”の集大成が、映画ならではのスケールで描かれ、日本中を温かな感動と笑顔で包む。

窪田は、同作の主人公で天才放射線技師・五十嵐唯織を演じる。

イベントは、診療放射線技師を目指して勉強している約100名の学生を招待して行われ、学生たちの悩みや質問に答えるティーチインを実施。

上映後の舞台挨拶に登壇した窪田は、「本日はお越しいただきありがとうございます。こうやって映画を観ていただいた後に喋らせていただくのが初めてなので、皆さんがマスクの中でどんな表情をしているのか、映画の感想とかいろいろと気になっています。本日は短い時間ですが、よろしくお願いします。」と挨拶。

学生から「壁にぶつかった時にどのように対処されているか、アドバイスをお願いします」と質問されると、「開き直る事が多かったかもしれないです。他人の目を気にしてしまったり、頑張ろうとしている事がどこか寒いという空気になっちゃうようなタイミングが自分にもあったのですが、そういうのを抜きにして、自分がやりたい事だったらやればいいし、その人にとってそれが夢ならば誰にどう思われようが、やったらいいのかなと思って、その時は(壁を)越えられたかは分からないですが、向き合ったかなと思います。」と当時を振り返りながらアドバイスした。

また、撮影を通して1番興味のあるモダリティ(医療機器の種類やタイプ)を問われると、「また専門的な(笑)。」と戸惑いながらも、「MRIが1番興味ありますね。(ドラマの)1話で広瀬アリスが演じる広瀬裕乃にMRIの説明をする撮影が物凄く大変で、長台詞をやって出来なかった苦い思い出があるんですけど、MRIを操作しながら患者さんの病名を見つけていくシーンがすごく好きで、お医者さんって人と向き合う仕事だけど、機械と向き合う時間も長いと聞いていたので、そこを疎かにしない感覚がリアルで印象に残っています。」と語った。

「作品で難しい台詞があった時にどのように覚えているのか」という質問には、「台本を写真にしてブロックで覚えることが多いです。例えば右側のページに相手の5行ぐらいの台詞の塊があって、一言喋って、この2行あたりで長い専門用語言っていたなとか出てきたりするので、そういう覚え方をしています。前は書いて覚えていたのですが、最近はそういう覚え方に変わりました。」と明かした。

そして最後は学生の皆さんに向けて、「自分もちゃんとしていないので偉そうなこと言えないんですけど、皆さんこれから技師になるということでしたら、寝る時間が無くなったり、食が疎かになったりすることがあると思うんですけど、皆さんが救える命はたくさんあると思いますので、まずは皆さんの健康を第一に考えてください。食べるものや睡眠時間をどうしても削られる時はあるかもしれませんが、必ずそれを挽回するポイントをちゃんと作っておかないと、やっぱり人ですので、身体は駄目になるし、老いていきます。僕が言えるのはそこしかないのですが、それをすることによって気持ちも豊かになって、良い精神が宿って、色々な患者さんと向き合ったり、物事に挑戦していく意欲というものが湧いていくと思うので、何よりもご自身の身体を大切にしていただければと思います。」とメッセージを送った。

「劇場版 ラジエーションハウス」は、4/29(金・祝)公開。
ぜひご劇場でご覧ください!

【ストーリー】
72時間—。それは、人の生死を分ける時間。
甘春総合病院の放射線技師・五十嵐唯織(窪田正孝)は落ち込んでいた。
大好きな甘春杏(本田翼)が、放射線科医としての腕を磨くため、ワシントン医大へ留学することが決まったからだ。
「72時間を切ってしまいました」
お別れまでのカウントダウンを胸に刻む唯織のことを、ラジエーションハウスのメンバーは元気付けようとするが、唯織への秘めた想いを抱える広瀬裕乃(広瀬アリスさん)だけは、自らの進むべき道について悩んでいた。
そんな中、杏の父親・正一が危篤との連絡が入る。
無医島だった離島に渡り小さな診療所で島民を診てきた正一だが、杏が父のもとに着いてほどなく「病気ではなく、人を見る医者になりなさい」との言葉を残し息を引き取る。
生前、父が気に掛けていた患者のことが気になり、島に一日残ることにする杏。
そこに大型台風、土砂崩れ、そして未知の感染症が襲いかかる。
遠く離れた地で杏が孤軍奮闘していることを知った唯織は、大切な仲間を守るため、苦しむ島民を救うため、ある決心をする。
8人の技師たちが選んだ未来とは。「別れ」の時刻が近づいている―。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top