スペシャルムービーやチケット先行予約など会員限定コンテンツを配信中!

ニュースNEWS

MOVIE

奥平大兼 映画「マイスモールランド」日本外国特派員協会上映会!

奥平大兼出演映画「マイスモールランド」日本外国特派員協会上映会が4/20(水)に行われ、嵐莉菜さん、川和田恵真監督とともに奥平が登壇した。

同作は、是枝裕和監督が率いる「分福」気鋭の新⼈監督・川和⽥恵真監督による商業映画デビュー作。世界三⼤映画祭の⼀つであるベルリン国 際映画祭において、⽇本初の栄誉となる、アムネスティ国際映画賞《特別表彰》に輝き、『万引き家族』×『ドライブ・マイ・カ ー』スタッフが⼿がけた注⽬作品である。
クルド人の家族とともに生まれた地を離れ、幼い頃から日本で育った17歳のサーリャ。同世代の日本人と変わらない、ごく普通の高校生活を送っていたが、あるきっかけで在留資格を失い、家族の日常が一変する…。埼玉には、約2000人のクルド人が住む地域があり、そこに暮らす女子高生サーリャ(嵐莉菜)が主人公。彼女が、東京に住む日本人の少年・聡太(奥平)との出会いをきっかけにアイデンティティに葛藤し、成長していく物語が描かれる。

上映前に行われた会見に出席した奥平は、集まった外国人記者に向けて英語で、「皆さん、こんばんは。この作品を通じて、多くを学びました。今、クルド人の方々が置かれている状況をより多くの方に知っていただきたいと思います。この映画がそのきっかけになれればと思っているので、ぜひ多くの方々にご覧いただきたいです。今日は短い時間ですが、よろしくお願いします。」と挨拶。

日本におけるクルド人や移民の現状について事前にリサーチされたのか、という質問に、「僕は台本を読むまではこういった問題が日本で起きているということは全く知らなかったです。だからお芝居をする前は全くそういった問題を調べずに、お芝居をしていく中で触れていこうと監督とお話しました。」と語った。

川和田監督の演出について聞かれ、「コミュニケーションを大切にとってくれたのがすごく嬉しかったです。監督として一つ一つのシーンについて思うことを僕に伝えてくれて、その上で自由にやらせていただきました。監督の考えを頭に入れたまま自分なりのお芝居をすることが出来て役者として楽しかったですし、撮影を終えて楽しかったと思えるシーンがたくさんあって嬉しかったです。」と笑顔を見せた。

映画「マイスモールランド」は、5/6(金)より、新宿ピカデリーほか全国公開!
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top