スペシャルムービーやチケット先行予約など会員限定コンテンツを配信中!

ニュースNEWS

MOVIE

岡田将生 映画「ドライブ・マイ・カー」凱旋舞台挨拶イベント!

岡田将生出演映画「ドライブ・マイ・カー」の凱旋舞台挨拶イベントが4/5(火)TOHOシネマズ日比谷で行われ、監督・キャストと共に岡田が登壇した。

同作は、商業映画デビュー作にしてカンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品された監督作『寝ても覚めても』、ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞に輝いた黒沢清監督『スパイの妻<劇場版>』では脚本も担当した気鋭・濱口竜介監督が、村上春樹氏の同名短編小説に惚れ込み監督自ら映画化を熱望、脚本も手掛ける意欲作。

俳優であり演出家の家福(西島秀俊)は、愛する妻(霧島れいか)と満ち足りた日々を送っていた。しかし、妻は秘密を残して突然この世からいなくなってしまう。2年後、演劇祭に愛車で向かった家福は、ある過去をもつ寡黙な専属ドライバーのみさき(三浦透子)と出会う。行き場のない喪失を抱えて生きる家福は、みさきと過ごすなかであることに気づかされていく――。

岡田は、物語を大きく動かすキーパーソンの俳優・高槻耕史を演じている。

この日は、映画賞の最高峰と謳われる第94回アカデミー賞で、国際長編映画賞を受賞したことを受け、凱旋舞台挨拶イベントを実施。岡田は受賞した時のことを振り返り、「本当に嬉しかったです。体が勝手に監督のほうに抱きつきにいっていました。また、監督が壇上でスタッフの方々やキャストの皆さんの名前を言われただけでウルっときてしまって、とても貴重な体験でした。」と話した。

その後、アカデミー賞でのエピソードを聞かれ、西島さんが監督賞を受賞したジェーン・カンピオン監督が岡田に“BAD BOY”と言っていたと明かすと岡田は、「そうです、と思いました(笑)。「ドライブ・マイ・カー」という作品をきちんと観た上でおっしゃってくださったので、本当に嬉しかったです。」と笑顔。

さらに自身のエピソードとして、作品賞、脚色賞、助演男優賞の3部門を受賞、家族の中でたった独り健聴者の少女が、家族と自分の夢とのあいだで葛藤する様を描いた映画「コーダ あいのうた」を話題にあげ、「授賞式前のインタビューで「コーダ あいのうた」が好きだと言っていたのですが、トロイ・コッツァーさんと、通訳さん、手話の通訳さん、僕の4人で少しだけ話せる時間があったんです。日本の手話の違いを興奮してお話しされていて、何も伺うことができませんでした(笑)。そうしているうちに呼ばれてしまったので“すみません”と言って去ったのですが、貴重な時間でした。」と振り返った。

同作は昨年8/20に公開され、7ヶ月を越えた今もなお全国の劇場で公開されている。最後に岡田は、「僕自身、こんなにもロングランで上映してくださるといった経験がなく、皆さんに少しずつ浸透していっている感覚があります。世界の方々にも認めていただけたのではないかと思うと誇らしく思いますし、この賞をきっかけに、もっとこの映画をたくさんの方に観ていただけたらいいなと思います。本日は本当にありがとうございました。」と感謝のメッセージを送った。

映画「ドライブ・マイ・カー」は、全国超ロングラン公開中。
ぜひご覧ください!

★スターダストショッパーズにてBlu-ray&DVD発売中!
スターダストショッパーズ特典:劇中生写真
詳細:https://stardustshoppers.jp/sp/shop.asp?cd=204

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top