スペシャルムービーやチケット先行予約など会員限定コンテンツを配信中!

ニュースNEWS

MOVIE

窪田正孝 「劇場版 ラジエーションハウス」完成披露舞台挨拶!

窪田正孝主演、「劇場版 ラジエーションハウス」の完成披露舞台挨拶が4/4(月)TOHOシネマズ六本木にて行われ、監督・キャストと共に窪田が登壇した。

「グランドジャンプ」(集英社)にて絶賛連載中の『ラジエーションハウス』。2019年4月期、さらに2021年10月期にフジテレビ系列にて月曜21時枠で放送され、放射線技師という裏方の活躍に焦点をあてた新たな医療エンタテインメントとして人気を博した。
この度“劇場版”として4/29(金・祝)に全国公開することが決定。“チームラジハ”の集大成が、映画ならではのスケールで描かれ、日本中を温かな感動と笑顔で包む。

窪田は、同作の主人公で天才放射線技師・五十嵐唯織を演じる。

上映前に行われた舞台挨拶にて窪田は、「大変な天気の中、今日は「劇場版 ラジエーションハウス」のためにお越しくださいましてありがとうございます。去年の夏に約半年間かけてドラマ、映画を作りました。みんなと過ごした時間、仲の良さが映像に詰まっていると思いますので、ぜひ楽しんで観て帰っていただきたいです。よろしくお願いします。」と挨拶。

この日は監督・キャスト含め総勢11名が登壇。冒頭の挨拶から合いの手を入れたり、ツッコミを入れたりと、仲の良さが伺えるが窪田は、「久しぶりとは思えないくらい、(舞台袖で)ずっと喋っていました。」と笑顔で話した。

その後、同作が放射線技師と放射線科医という病の第一発見者を描く物語であることから、最近発見したことや同作の撮影中に発見したことは?という質問があがり、「家に観葉植物があるのですが、植物に話しかけたら花が早く開きました。ポジティブな言葉、“ありがとう”とか“おはよう”と声をかけたら、2枚大きなモンステラが1週間でバサッと。言霊ってあるんです。きちんと話しかけてあげたら喜んで育つので、皆さんやってみてください。」と答えると共演の八嶋智人さんから“客席の皆さんが植物だと思って声をかけてみて”とムチャブリが。照れ笑いを浮かべながら窪田が、「おはよう!今日もかわいいね!たくさんお水あげるよ!」と投げかけると、会場は笑いに包まれた。

そして最後に、「皆さん、楽しかったでしょうか。シーズン1の頃から応援してくださったファンの方々のおかげで、映画まで到達することができたと思っています。関わったスタッフさん、そしてキャストが一丸となって作り上げた作品。観てくださった皆さんの反応がなかったらみんなで劇場に来ることもできなかったと思います。コロナ禍で映画館が寂しい場所になってしまっているのは事実です。みんなで1つの映画、コンテンツを観て笑いあったりしてくれることが、いち映画ファンとして嬉しいことです。その1つとして「劇場版 ラジエーションハウス」を観ていただいて懐かしい気持ちとか、コロナ前に互いにマスクをしないで目を見合って話していた時間を振り返ってみていただけたら嬉しいです。今日はありがとうございました。」とメッセージを送った。

「劇場版 ラジエーションハウス」は、4/29(金・祝)公開。
ぜひご期待ください!

【ストーリー】
72時間—。それは、人の生死を分ける時間。
甘春総合病院の放射線技師・五十嵐唯織(窪田正孝)は落ち込んでいた。
大好きな甘春杏(本田翼)が、放射線科医としての腕を磨くため、ワシントン医大へ留学することが決まったからだ。
「72時間を切ってしまいました」
お別れまでのカウントダウンを胸に刻む唯織のことを、ラジエーションハウスのメンバーは元気付けようとするが、唯織への秘めた想いを抱える広瀬裕乃(広瀬アリス)だけは、自らの進むべき道について悩んでいた。
そんな中、杏の父親・正一が危篤との連絡が入る。
無医島だった離島に渡り小さな診療所で島民を診てきた正一だが、杏が父のもとに着いてほどなく
「病気ではなく、人を見る医者になりなさい」との言葉を残し息を引き取る。
生前、父が気に掛けていた患者のことが気になり、島に一日残ることにする杏。
そこに大型台風、土砂崩れ、そして未知の感染症が襲いかかる。
遠く離れた地で杏が孤軍奮闘していることを知った唯織は、大切な仲間を守るため、苦しむ島民を救うため、ある決心をする。
8人の技師たちが選んだ未来とは。「別れ」の時刻が近づいている―。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top