スペシャルムービーやチケット先行予約など会員限定コンテンツを配信中!

ニュースNEWS

MOVIE

本田翼 「劇場版 ラジエーションハウス」完成披露舞台挨拶!

本田翼出演、「劇場版 ラジエーションハウス」の完成披露舞台挨拶が4/4(月)TOHOシネマズ六本木にて行われ、監督・キャストと共に本田が登壇した。

「グランドジャンプ」(集英社)にて絶賛連載中の『ラジエーションハウス』。2019年4月期、さらに2021年10月期にフジテレビ系列にて月曜21時枠で放送され、放射線技師という裏方の活躍に焦点をあてた新たな医療エンタテインメントとして人気を博した。
この度“劇場版”として4/29(金・祝)に全国公開することが決定。“チームラジハ”の集大成が、映画ならではのスケールで描かれ、日本中を温かな感動と笑顔で包む。

本田は、同作のヒロイン・甘春杏を演じる。

上映前に行われた舞台挨拶にて本田は、「今日はどんよりとした天気になってしまいましたが、この映画を観ていただければそんな天気が“晴れた!”と思えるくらい楽しい気持ちになっていただけると思います。最後まで楽しんでください。よろしくお願いします。」と挨拶。

同作が放射線技師と放射線科医という病の第一発見者を描く物語であることから、最近発見したことや同作の撮影中に発見したことは?という質問があがり、悩みながら本田は、「日々発見の連続ですが…毎日スムージーを飲むと朝が気持ちいいですし、寝る前にソファのクッションを直してあげると、朝起きた時に、“部屋が綺麗だな!”って思えます。そんな感じです(笑)。」と答えると共演の八嶋智人さんが“日々の小さなことの積み重ねが大事だということだよね”とフォロー。本田は、「そうです、小さな発見です。」と笑顔で話した。

この日は監督・キャスト含め総勢11名が登壇。冒頭の挨拶から合いの手を入れたり、ツッコミを入れたり、仲の良さが伺える笑いの絶えない舞台挨拶となった。

「劇場版 ラジエーションハウス」は、4/29(金・祝)公開。
ぜひご期待ください!

【ストーリー】
72時間—。それは、人の生死を分ける時間。
甘春総合病院の放射線技師・五十嵐唯織(窪田正孝)は落ち込んでいた。
大好きな甘春杏(本田翼)が、放射線科医としての腕を磨くため、ワシントン医大へ留学することが決まったからだ。
「72時間を切ってしまいました」
お別れまでのカウントダウンを胸に刻む唯織のことを、ラジエーションハウスのメンバーは元気付けようとするが、唯織への秘めた想いを抱える広瀬裕乃(広瀬アリス)だけは、自らの進むべき道について悩んでいた。
そんな中、杏の父親・正一が危篤との連絡が入る。
無医島だった離島に渡り小さな診療所で島民を診てきた正一だが、杏が父のもとに着いてほどなく
「病気ではなく、人を見る医者になりなさい」との言葉を残し息を引き取る。
生前、父が気に掛けていた患者のことが気になり、島に一日残ることにする杏。
そこに大型台風、土砂崩れ、そして未知の感染症が襲いかかる。
遠く離れた地で杏が孤軍奮闘していることを知った唯織は、大切な仲間を守るため、苦しむ島民を救うため、ある決心をする。
8人の技師たちが選んだ未来とは。「別れ」の時刻が近づいている―。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top