スペシャルムービーやチケット先行予約など会員限定コンテンツを配信中!

ニュースNEWS

MOVIE

永井彩加 「あしたのわたしへ 私の卒業―第3期―」初日舞台挨拶!

永井彩加出演、「あしたのわたしへ 私の卒業―第3期―」が3/18(金)公開初日を迎え、新宿バルト9で行われた舞台挨拶に永井が登壇した。

同作は、YouTubeオリジナルで230万再生を突破で話題となった、10代に圧倒的な支持を得る若手発掘・育成プロジェクト「私の卒業」の映画化。
高校の卒業は、多くの生徒たちにとって、人生における初めての大きな岐路。進学、就職と言った進路の問題や、恋人、友人との関係の変化など、その岐路において数々のドラマが生まれる。そんな高校生の思いや悩みを題材に、若者たちが前向きになれるストーリーを提案していくのが「私の卒業プロジェクト」のオリジナルストーリー。静岡県伊東市を舞台に、高校生たちが自身の行末に思い悩みながらも、それぞれが決断をしていく、そんなドラマが繰り広げられる。

議員の娘、岸菜穂子は、いつも笑顔でクラスの中心にいる。一方で、高校生ラジオDJとして働きつつも、自身の未来に悩んでいる。親が敷いてくれたレールの上を歩く人生に不満はないが、自分自身が何をしたいのかわからない。そんな折、東京から来たクラスで浮いている転校生、清水洋輝に、“スイッチオフ”の見られたくない一面を見られてしまい「いつもの笑っている君と違う」と指摘される。そこで思わず本音を漏らしてしまう菜穂子に対し、一つ頼みがあるという洋輝。
一方で、将来ダンサーになりたいと夢見る、里見おとは、上京資金をためるべく、みかん農家でアルバイトを始めるが、そこで休学中の萩原隆と会う。なぜ彼が学校に来ないのか?それは悲しい生活の現実があった。それを見てしまったおとは、自身の夢を捨てて、萩原くんを手伝うというが、彼の逆鱗に触れてしまい…。
干物屋の跡取り息子、山岡翔太は、突如、彼女と別れを切り出す。父が倒れてしまい、高校卒業後に勤める決意をする一方、彼女を巻き込みたくないという優しさからだった。しかし、彼女の角野朱莉には理解できず。
一方で、漁師の娘で幼なじみの舞が、私が翔太を助ける!と親友の朱莉に宣言するのだが…。
「わからないことは悪いことじゃない」
最後にラジオから流れる菜穂子のメッセージが、 思い悩む彼らの心を揺さぶり、感動のラストを呼ぶ。

永井は、父親が議員で、父の勧めでラジオパーソナリティをしている女子高生、岸菜穂子を演じる。

上映前に行われた舞台挨拶にて永井は、「今日は雨の中、お越しいただきありがとうございます。よろしくお願いします。」と挨拶。

同作のオーディションはどんな気持ちで挑んだか?という質問に、「選ばれる、選ばれないということを考えてしまうと緊張してしまうので、毎回隅から隅まで吸収して勉強しようという気持ちで楽しもうと思っていました。」と明かした。

また、思い入れがあるシーンについて、「最後のラジオのシーンは作品のメッセージがこもっている場面でしたし、みんなの顔を思い浮かべながら喋っていたので、すごく思い入れがあるシーンです。」と振り返った。

お客さんに観ていただきたいポイントについては、「前半で菜穂子が洋輝に声をかけてもらって、菜穂子が弱みとか本音をさらけ出すシーンがあるのですが、後半では同じ場所で菜穂子が洋輝にしてもらったように誰かに声をかけるシーンがあるので、そこがどこなのか注目しながら観てほしいです。」と語った。

そして最後に、「悩みが無い人はいなくて、それで前に進むことが怖いことってたくさんあると思うのですが、そんなときに観てほしい作品だなと脚本をいただいたときに思いました。私が初めて脚本を読んだときに思ったことを、今日皆さんに届けることが出来たら嬉しいなと思います。改めて今日はありがとうございました。」とメッセージを送った。

「あしたのわたしへ 私の卒業―第3期―」は、新宿バルト9にて大ヒット限定公開中!
ぜひお楽しみください。

★公式YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UC6BmvlHvuc4FVG7XjDrVZoQ
★公式Twitter https://twitter.com/sotsupro
★公式Instagram https://www.instagram.com/sotsupro/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top