スペシャルムービーやチケット先行予約など会員限定コンテンツを配信中!

ニュースNEWS

MOVIE

小松菜奈 映画「余命10年」ジャパンプレミア!

小松菜奈W主演映画「余命10年」のジャパンプレミアが1/24(月)丸の内ピカデリーで行われ、監督・キャストと共に小松が登壇した。

同作は、“涙よりも切ない”恋愛小説として、発売以来SNSを中心に反響が広がり続けている原作ベストセラーを、『新聞記者』 『ヤクザと家族
The Family』の藤井道人監督が待望の映画化。
20歳で不治の病にかかり、もう恋はしないと心に決めた茉莉(小松)。生きることに
迷いながらも茉莉と出会い、恋に落ちていく和人(坂口健太郎さん)。茉莉と同じく難病を抱え、小説の文庫化を待たずして亡くなった著者・小坂流加さんの想いを引き継ぎ、2人が全身全霊で演じる、この春一番の感動作だ。

20歳で不治の病にかかり、もう恋はしないと心に決めた余命10年の茉莉。生きることに迷い、自分の居場所を見失った和人。同窓会で再会した2人は惹かれあい、ありふれた毎日が嘘みたいに輝き出す。病を隠し、これ以上一緒にいてはいけないと知りながらも増えていく、和人との大切な思い出――失われていく時間のなか、彼らが最後に選んだ道とは?

上映後に行われた舞台挨拶にて小松は、「ご覧になった後ということで、気になっています。この企画のお話をいただいてからいろいろな物語があって、こうして完成できたこと、この場に立てていることを本当に嬉しく思います。感無量です。この1年、皆さんと前を向いて生き続けたこの道のり、映画「余命10年」がたくさんの人に届いてほしいと心から願っています。」と涙ながらにコメント。

冒頭の桜のシーンについて、「茉莉と和人の関係が始まっていくシーンなのですが、何がきっかけで惹かれあったのかを明確にしていないところが好きで、“なんかこの人と一緒にいたい”とか“この人を守りたい”、“この人の笑顔をずっとそばで見ていたい”という気持ちが茉莉の中にあって、和人の屈託のない笑顔が茉莉にとって救いだったんだと思うシーンでした。撮影では大きな扇風機があって、ものすごい音を立てていたのですが、心が動いていくシーンだったので、とにかく爽やかにと思いながら…(笑)。映画で観てとてもきれいで、やはり桜は日本の誇りだと思いました。」と話した。

1年のかけて行った撮影を改めて振り返り、「茉莉を演じ終えた後は抜け殻状態というか、燃え尽きたような気持ちで次の仕事に進めないくらい不思議な時間でした。自分の人生と役の人生両方が重なって、ふたつの人生を歩み続けるということが今までになく、大好きな現場でしたし、皆さんと一緒に大切なこの作品を作れたことは自分にとって宝物になりました。」と語った。

また、茉莉を演じるにあたり、「病状が悪化していくということでしたので、常に減量をしていました。現場では自分で持ってきたご飯を食べていたのですが、鰻の差し入れとかを見て“いいなぁ、美味しそうだな”と思ったりしました。大事な家族とのシーンなのにお腹が大きな音でなってしまったことも(笑)。苦しさははかり知れないとは思いますが、茉莉の気持ちを自分の身で味わいながら役として消化することができたと思います。」と振り返った。

その後、茉莉、和人、ふたりの友人、タケルを演じた山田裕貴さん、沙苗役の奈緒さんとのシーンの話題となり、「タケルがお花見のシーンで“桜も満開、俺も満開”って言ってました(笑)。4人でいる中でタケルの存在はとても大きくて、アドリブが大変だったと思うのですが、常に笑わせてくれました。」とエピソードを語った。

舞台挨拶では作品にちなみ、これから10年のうちにやっておきたいことを発表する一幕も。小松は『日本一周!!』と書き記し、「『世界一周』と書こうと思ったのですが、まず日本を知ることから始めたいと思いました。日本には底知れない魅力が散りばめられていると思うので、そこで会う人たちにいろいろなお話を聞きたいですし、海外の方に日本は素晴らしい場所なんだと言えるよう、たくさん知っていきたいです。」と笑顔で話した。

映画「余命10年」は、3/4(金)公開。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top