スペシャルムービーやチケット先行予約など会員限定コンテンツを配信中!

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
少年院上がりの無軌道な不良少年たちの“等身大”の青春活劇映画『レッドブリッジ』と、彼ら4人の出会いを描いた前日談の映画『レッドブリッジ ビギニング』が、6月4日(土)より池袋 HUMAX シネマズにて公開。短気で喧嘩っ早い坂口海斗役を演じた大倉空人に、撮影の舞台裏や映画の見どころ、“オススメの鑑賞方法”についても語ってもらった。

『ゲンジブ』とは違う“俳優・大倉空人”としての新たな顔を見ていただけたら嬉しいです

写真

―― 『レッドブリッジ』は、少年院生活を終え地元・茨城に帰ってきた大輝(豊田裕大)が、少年院で同部屋だった健(松尾潤)の危機を聞き彼を救うべく、仲間の海斗と龍一(兵頭功海)と行く先々でトラブルを引き起こしながら、奪った車で東京へと向かうまでを描いた“青春活劇”ロードムービー。主要キャストは430名を超える応募者の中からオーディションで選ばれた。

「最初から海斗役をやるつもりでオーディションを受けたわけではなくて、まずは大輝も、龍一も、健も、海斗も、いろんな組み合わせで何通りもやってみた上で、監督やプロデューサーが本人の適正を見ながら配役を決めていく形式のオーディションでした。監督から『もうちょっと明るいテンションでやってみて』『こういう感情を持ちながらやってみようか』とディレクションされるがまま、俳優さんたちと一緒にお芝居すること自体が僕にとっては刺激的で楽しい時間でした。『こういう表現の仕方もあるんだ!』って、毎回いろんな発見もあって。お芝居の引き出しも増えましたし、刺激もたくさんもらえました」

―― いざ海斗役に決まった際の心境は?

「同世代の若手俳優が次々出てくる中で、僕としては『何が何でも絶対このチャンスを掴みたい!』と思っていたので、とても嬉しかったです。でもその一方で、『大輝じゃなくて、海斗なんだ』という気持ちもありました。もともと台本に書かれた海斗のイメージは、いまよりクール系のキャラだったんですが、監督が『空人くんを海斗にキャスティングしてからガラッと変えた』とおっしゃってくださいました。自分なりに『デメキン』や『クローズ』のようなヤンキー系の映画やドラマもたくさん観て研究した上で、『こういう感じの海斗でいきたいと思ってるんですけど……』と提案もさせてもらって。『それいいじゃん! 絶対取り入れよう!』みたいな感じで監督と相談しながら一緒に作り上げていくことができました」

写真

―― とはいえ、海斗役を演じるにあたっては、想定外のこともあったようで……。

「当初の設定では、海斗が車を運転するはずだったので、そのつもりで準備をしていました。ちょうど運転免許を取ったばかりのタイミングで、本試験は一発合格だったものの、そこにたどり着くまで仮免含めて8回も落ちちゃって、1年半かけてやっと取れたんです(笑)。『ハイエースも運転したことがあります!』『でもまだ初心者マークを貼って練習しています!』と監督に話したら、いつのまにか僕じゃなくて、龍一役の兵頭くんが運転することになっていました(苦笑)」

―― 撮影期間は2作品合わせてわずか10日間。『レッドブリッジ』を全て撮り終えたあと、1日空けて、前日譚となる『レッドブリッジ ビギニング』を撮影したという。

「大輝役の豊田くんが、『一応自分が主演って感じにはなっているけど、俺は4人全員でこの作品をつくりあげたい。だからみんなも俺のことを支えて欲しいし、俺もみんなのことを支えたいと思ってる』って言ってくれました。その言葉を聞いて僕らも同じ気持ちになれたし、『本気でこの作品に取り組もう!』と思えました。撮影期間は長くはなかったんですが、千葉とか、静岡とか、いろんなところを移動しながら合宿のような状態で撮っていたので、お互いの距離もどんどん縮まって、みんなとものすごく仲良くなりました。役についてここまで深く考えたのも初めてだったので、準備期間も含めてすごく充実した日々でした」

写真

―― 本作では本格的なアクションにも初挑戦。ド迫力の立ち回りを披露している大倉だが、なんとわずか3時間のトレーニングでアクションの基本を叩き込んだというから驚かされる。

「兵頭くんは戦隊モノにも出演していたのでアクション経験があったんですが、それ以外の3人は初めて。アッパーとかフックとか、蹴りとか。本当に短時間でちゃんと習得できるのか不安でしたが、ダンスの振りを覚える感覚に近い部分もあって、『ゲンジブ』で培った振りの覚えの速さが思わぬところで活かせました。劇中、僕らと因縁のあるグループの一員である、堀口役の菅原健さんとのハードなバトルシーンがあるんですが、菅原さんとは2度目の共演だったこともあり、『こういうときはこうした方がいいよ』って、実際に動きながら何度も僕の練習につきあってくださって。ベテランの菅原さんとのペアで本当に助かりました」

―― 撮影中、一番思い出に残ったシーンを訊いてみると……?

「あまり詳しくは話せないのですが、劇中パンツ1枚になる屈辱的なシーンがあるんです(笑)。『俺ら3人なら最強!』だと思っていた海斗と大輝と龍一が、初めて味わう敗北感。目の前に突如現れたデカい壁をどう乗り越えるか……!?というときに、『やっぱりお前らが必要よね』っていう。傍から見たらバカげたことをやってるようにしか見えないと思うけど、男同士の友情が改めて深まるシーンが僕はすごく好きなんです。12月に湖で撮影したのでめちゃめちゃ寒くて大変だったんですが、大輝役の豊田くんと龍一役の兵頭くんと、3人一緒にパンツ1枚になってお芝居したことは、大倉空人としても忘れられない思い出になりました。あとは、海斗が他の誰よりも大切に想う“ミヨコ”との感動の再会シーンにも、ぜひご注目いただきたいです」

写真

―― 少年院上がりの根っからの不良という設定だけに、劇中には薬物をキメる場面もある。 「YouTubeで“実録モノ”の映像を片っ端から見て研究した」という大倉だが、そこには思わぬ誤算があったとか。

「アッパー系の薬物を摂取したときの演技プランを必死で研究して撮影に臨んだんですが、いざ現場に入ったら、『海斗がやるのはダウナー系の薬物だよ』って言われて、『え!? そんな種類の薬物もあったんだ!』ってめちゃくちゃ焦りました(笑)。ロードムービーだけに車の中で撮影する時間も長かったんですが、基本的に上半身だけでお芝居をすることになるので、表情が大事になるんです。車の中の撮影が終わるたび、すごく達成感がありました」

―― 完成した映画を観た感想は?

「僕にとっては“ロードムービー”というジャンル自体が新鮮でした。一瞬一瞬を切り取って大胆につなぎ合わせた世界の中にキャラクターの感情がパズルのピースのように埋まっていく感じがして、すごく楽しめました。でも自分の演技を客観的に見ると、表情にしても、動きにしても、正直まだまだだなぁとは思いました。なかなか自分で思っていたようには映っていなくて悔しい部分もありましたし、『キャラクターの心情を上手く伝える表現方法がもっと他にもあったんじゃないか?』って。その一方で、撮影前の準備期間にどんな準備をしたらいいのか、自分に合った方法論が今回掴めた気がします。台本を読んで分からない部分があったとしても、まずは自分なりに資料を読んで調べてみることが大切なんだと感じました。たとえそれが勘違いだったとしても、決して無駄にはならないし、様々な役をやる上で知識を幅広くしていきたいです」

写真

―― 2作品同時公開となるが、大倉のオススメの鑑賞方法についても訊いてみた。

「僕としては『レッドブリッジ ビギニング』から入った方が絶対分かりやすいと思うけど、まずは『レッドブリッジ』を最初に観て、ところどころ謎に感じた部分を『レッドブリッジ ビギニング』で回収して。スッキリした上で、もう一回『レッドブリッジ』を観る! という流れがやっぱりオススメです(笑)。4人の全ての事情が分かった上でもう一回観てみると、『レッドブリッジ』に対してもまたちょっと違った感情になれると思います」

―― では最後に、映画を楽しみにしている方々に改めてメッセージを!

「念のため誤解のないようにお伝えしておくと、僕自身は海斗とは真逆の人間ですから(笑)。海斗は、正直あの4人のなかでも一番失礼なヤツというか、かなりの異端児キャラクターです。いつも『ゲンジブ』のメンバーと一緒にいるときは、『いいから落ち着け!』って周りを止めている側である僕が、映画の中では逆に周りに止められる立場になるっていう、その違いを楽しんでいただければと(笑)。『ゲンジブ』のステージに立っている大倉空人とは全く違う、“俳優・大倉空人”としての新たな顔を、ぜひスクリーンで見ていただけたら嬉しいです」


Writing:渡邊玲子

インフォメーション

写真
写真
(C)2022BBB

MOVIE

『レッドブリッジ』
『レッドブリッジ ビギニング』

6月4日(土)2作同時公開


■『レッドブリッジ』
少年院生活を終え地元茨城に帰ってきた今西大輝(豊田裕大)が、少年院で同部屋だった小日向健(松尾潤)の危機を聞き、同じく少年院で出会った仲間の坂口海斗、巻龍一(兵頭功海)と共に健を救うために行く先々でトラブルを引き起こしながら、奪った車で東京へと向かう。金がない、学もない、女もいない。何も持たない若者たちの旅路の行方は!?

■『レッドブリッジ ビギニング』
孤児院育ちの今西大輝は違法ドラッグ所持で現行犯逮捕され、少年院に収容される。同室になった巻龍一、小日向健、そして問題を起こし懲罰房から戻ってきた坂口海斗と時に衝突しながらも次第に深い絆が生まれていく。ワルだが正義感の強い大輝達は、院内でのいじめを止めたことがきっかけで、少年院のボス格である堀口亮太、そして半グレで人を殺したという噂のある鮫島アツシと対立を深めていく。

▼公式サイト
https://redbridge-movie.com/



「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2022/06/13(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top